映画「HALF」
オーディション

SCT Work Shop×
mosaique Tokyo

渋谷から、世界へ。
Shibuya Cinema Tokyo.coが主催する
俳優・映像監督ワークショップ第一弾

SCT製作映画「渋谷行進曲」2020冬公開決定

ブログ


  • 2020/10/22 18:39

㈱SCTが主催する初の俳優養成ワークショップのレポートです。12月までの二ヶ月間に密着!

  • 2020/10/18 00:12

㈱Shibuya Cinema Tokyo主宰俳優養成ワークショップのレポートをお届けするblogです!

Introduction


はじめまして。

株式会社JACOの秋山純といいます。
ドラマ、映画、PVなどの、監督、脚本、プロデュースを、仕事としています。
テレビ朝日に33年間、所属していましたが、独立して、株式会社JACOを作りました。
そして、この度、五人の異なる業種のプロが集まり、株式会社渋谷シネマ東京を、スタートさせました。


渋谷シネマ東京では、娯楽性よりも文学、メッセージ性に特化した映画や、映像作品を、世に出して行くことを主目的としていますが、そのために一番大切なのは、志高く、一緒に作品を作っていただける、俳優、スタッフです。
オーディションを兼ねたワークショップを通じて、一緒に戦ってもらえる、「共犯者」を募集したいと思います。


カンパニーの特徴は、ストーリー系独特の、芝居芝居した「作られた演技」を良しとせず、「ナチュラルに世界観の中に存在する」ことを、究極のテーマとしています。
つまりは、「演じない」ことで、強烈に演じる芝居を、カンパニー通じたテーマとして、推し進めています。
10回の、ワークショップを通じて、
「演ずるな存在せよ」という考えかたを、共有していただきたいと、思います。


また、二日連続で開催することにも、大きな意味があります。
初日に皆で試したことを、一日かけて反芻し、二日目に、より深いアプローチまで到達すること。
その行為が、表現することに対する、我々の考え方を、体現することになると思います。


ワークショップは、必ず映像作品というゴールがあります。
昨年のワークショップは、主要キャストを輩出して、映画「ROOM109 」という形で、実を結びました。


第一回のワークショップのテーマは、「演じないメソッド」です。


「シネマトグラフ覚書」を、プレゼント致しますので、是非読んでいただいた上、
中井由梨子さんのオリジナル脚本を、本読み、立ち稽古と、進めていきます。
我々のワークショップでは、芝居に関しての「ダメ出し」は、ありません。

なぜ、そう演じたのか?

その背景や、思いを、皆で深く考えることにより、より良い表現を模索していきます。
このワークショップで共に学んだことが、他のワークショップや、現場で、役に立たない…ということが、一番悲しいので、決して「趣味の押し売り」に、ならないよう、普遍的価値を追求していきます。
ワークショップで怒られて、トラウマになってしまう方の話を、よく聞きます。
一度、我々のワークショップに参加していただけたら、その懸念はすぐに無くなると思います。


新しい出会い、ご縁を、楽しみに待ちたいと思います。


渋谷シネマ東京 取締役会長
JACO 代表取締役社長 秋山純

SCT(Shibuya cinema tokyo)


SCT(Shibuya cinema tokyo) SCT(Shibuya cinema tokyo)
020年に映像監督の秋山純、俳優の南翔太を中心に発足

渋谷を主な拠点として活動するクリエイター達が「渋谷から世界へ」をキャッチフレーズに集う、映画・演劇創造空間。

SCTで学び、作品を作り、世界へ羽ばたく。全ての世代の俳優やアーティストに門戸を開き、共にクリエイトすることを願う製作会社です。

柱となるのは映像作品。映画はもちろん、配信型の映像制作や劇場イベントも発信していきます。

SCT W.Sが目指すもの

私たちが出会いたいのは「人」という財産。
バックグラウンドの違いを認め合いながら、同じポリシーを共有し、スピードとクオリティーの高さを両立できる人材を育てます。


2019W.S作品『ROOM109』(脚本・監督 秋山純)

SCTの前身であるJACOW.Sで1年間学んだ俳優・クリエイター達がキャスティングされた作品。W.Sの集大成として1シチュエーションの長回し撮影や、ハイクオリティーをたもちながら、本編2時間分を3日で撮影することに成功した。

2020年12月に試写会開催決定。
2021年順次公開予定。

2020 SCT 映画オーディション


2020 SCT 映画オーディション 2020 SCT 映画オーディション

SCT × mosaique-Tokyo 『HALF』    
監督 秋山純 
脚本 中井由梨子


〈ストーリー〉

ミナミ、25歳は、生まれた時から特異な体質を持っていた。

 朝の8時~夜の8時は男性体、夜の8時~朝の8時は女性体 に変化してしまう。
人格も記憶もすべて一人の人間だが、体と性癖だけが変化してしまう。
日中は男性の姿で税理士事務所で働いており、恋人もいるのだがそれも夜の8時まで。夜は女性として男性の恋人との逢瀬を重ねるが、それも朝の8時まで。
どちらの恋人にも真実を打ち明けられないまま、なんとか生活を送っていた。

そんなある日、突然「腹違いの弟」と名乗る学生が現れる。
成り行きで奇妙な同居生活が始まるが、その「弟」もまた、おかしな特異体質を持っていて...!?
コメディタッチで描かれる恋愛模様の中、性の狭間で苦悩する主人公を描く。
ファンタジー要素のあるヒューマンドラマ。

<メインキャスト>

・ミナミ ... 主人公。税理士事務所で働く25歳前後。男性体と女性体の一人ずつ
・ナズナ ... ミナミの弟。大学生。20歳前後。男性。昼は目が見えないが夜は見えるという体質を持つ。
・サルサ夫婦 ... ミナミの従兄夫婦。夫は特異体質を持つが妻は持たない。30代男女。
・ライラ ... 年齢不詳。顔が変わる体質を持つ。10代~50代の女性5名ほどで一人の人格を演じる。
 ・アクア ... ミナミの生き別れの父。特異体質の秘密を知っている。60代男性と10代男性で演じる。

コース


A 俳優初心者コース

講師 南翔太/松田好太郎

さらに詳しく

B 俳優経験者コース

講師 秋山純

さらに詳しく

C 監督コース

講師 秋山純

さらに詳しく

D 俳優シニアコース

準備中

さらに詳しく

Course A


Course A
《初心者からの演技レッスン》

ー初心者、でも本気ー

CourseA 15:30~18:00
定員10名 料金:全10回 ¥70,000(税別)

「初心者向け」でありながら、最も重要なCourseA。
ここではSCTが最も大切にしている、演じることへのポリシーをお伝えします。
演じることは楽しい。
でも本当に楽しむとはどういうこと?芝居の世界に、台本に没頭するとはどういう感覚? 簡単なテキストを使って演じることを体験しながら、俳優としての心構えも身に着けていきます。
経験不問、性別や年齢制 限も一切ありません。(未成年者は保護者様の許可を求める場合があります)欲しいのは実力ではなく、“本気”です!

◎プログラム◎

第1回・第2回:「エチュード~お喋りから始めよう~」
台本を使わずに即興で演じてみます。人前で言葉を出すことの基本を学びましょう。

第3回・第4回:「自分以外の人になる」
役作りの基礎を伝授。

第5回・第6回:「台本と向き合おう」
映像台本の読み方やルール、ト書きの解釈などじっくりと本の読み方を教えます。

第7回・第8回:「台本と、役と、立ち姿」
実際に本の中の台詞を覚え、芝居をしてみましょう。これまでじっくりと培った基礎部分を応用へ活かします。

第9回・第10回:「さあ、カメラ前へ」
いよいよ実践!カメラの前でシーンを演じ、撮影します。

映画「HALF」最大2名選出‼︎


代表講師 南翔太(Shota Minami) 
1982年3月27日生まれ 。愛知県西尾市出身

<主な出演作品>
・映画「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」主演
・テレビ朝日「就活家族〜きっと、うまくいく〜」 ・第一回ピクシブ文芸大賞 大賞受賞作品新世代サスペンス テレビ朝日「Q&A」
・LINEドラマ「渋谷ボーイズスクランブル」 ・「プリンセスから皇后へ~雅子さま物語~」(2019年フジテレビ)
・河崎実監督作品「電エースハウス」主演 ・舞台「夫婦漫才」・舞台「信長の野望」 ほか多数。

※たとえばこんな人に
 「前から興味があったけど機会がなくて...」
 「俳優になる確実な一歩が欲しい!」

Course B


Course B
《プロの俳優を育てる養成レッスン》

ー脱・素人ー

CourseB 18:30~21:00
定員10名 料金:全10回 ¥100,000(税別)

映像や舞台での演技経験者のみが対象となるコース。
修了後、SCT作品へのキャスティングに最も直結するだけに、実力やルックスへの意識の高さも求められるため、受講審査があります。
ここでお伝えしたいのは、SCTの根幹とも呼べる、 “演じない”メソッド。
カメラ前に立つ人間であるための技術やメンタルを固め、お金をいただくプロの俳優としての在り方を 徹底的に追求します。

◎プログラム◎

テキスト『シネマトグラフ覚書 ー映画監督のノートー』ノベール・ブレッソン著 進呈!

講義前にテキストを進呈。
読んでもらい、内容を元に初日から 『HALF』の台本抜粋を使ってシーンスタディを行います。
SCTのスタイルともいえる 「演じるな、存在せよ」 という演じないメソッドを追究。
なぜそうしたのか? こう言ったのか? より深く掘り下げカメラ前に存在 できる俳優を育成します。

映画「HALF」最大10名選出‼︎

代表講師 秋山純(JunAkiyama)

(株)JACO代表取締役 ドラマ演出家・プロデューサー・脚本家。
1963年生まれ。 テレビ朝日に33年間務め、スポーツ・報道・ドキュメンタリー・ ドラマ監督・映画プロデュースと多岐に渡り活躍。
30作品以上のドラマ制作に携わり、監督として多くのヒット作を手掛けた。
2018年に独立し、テレビマンとしてのキャリアを生かして映像制作会社JACOを設立。
アーティストのプロモーションビデオや 企業CMを手掛け、舞台や映画をプロデュース・監督する。

2020年、(株)SCTの会長に就任。
(近年のドラマ作品)
「ネット歌姫~パート主婦が歌ってみた~」(2019年NHK)
「プリンセスから皇后へ~雅子さま物語~」(2019年フジテレビ) ほか。

※例えばこんな人に
「舞台ばかりやってきた、映像に出たい!」
「コロナ禍で仕事が減って感覚が鈍ったかも...」

Course C


Course C Course C
《監督・プロデューサー養成のためのクリエイティブレッスン》

ー主役は、こっちだー

CourseC 12:30~15:00
定員10名 料金:全10回 ¥100,000(税別)

映像を作るクリエイターやスタッフは、作品作りの主役。
SCTではこのコースで新しい才能と出会いたいと願っています。
SCTスタッフが誇る「早い」「綺麗」「面白い」を同時に実現する撮影方法を伝授。
今まで独学で映像撮影や編集をやっ てきて、「自分では凄いと思うけど他の人が見たらどうなんだろう?」と立ち止まった方は成長のチャンス。
きちんと基礎 を学べば、映像技術はびっくりするほどワープします!ここで一歩、踏み出してみませんか。

映画「HALF」現場デビュー‼︎

代表講師 秋山純(JunAkiyama)


※例えばこんな人に
「自主動画作ってるけど評価が気になる」
「脚本を書いてみたい」
「映画ってどうやって作るの?」

mosaique-tokyo


女優ユニットmosaique―Tokyoとは?

2018年旗揚げ。2回の本公演、2019年に特別公演を実施。

演出家・劇作家の中井由梨子とヴァイオリニストの高山典子を中心として、渋谷を舞台に次々と作品を製作。
女優が男役をやったり、男優が女役をやったり...ジェンダーを飛び越え、俳優の持つ多面性を 存分に表現する演出と、少し不思議で切ないストーリー展開を得意とする中井の世界観を 高山の奔放な音色が包み込み、女心を熱くする珠玉の作品を世に送り出します。

2018年5月旗揚げ公演『PRISM』@青山クロスシアター
2018年9月第二回公演『RAIN』@渋谷シダックスホール
2019年9月特別公演『宵待草』@原宿ベルエポックホール

スケジュール


SCTW.S2020 スケジュール

開催場所は渋谷のスタジオを予定しております。(申込者に随時ご案内します)
スケジュール

ガイドライン


新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

新型コロナウイルス感染拡大防止のための留意点について、下記の通りとします。

【新型コロナウイルスに対する基本的対策】

1.一般的な状況における感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染であることから、以下の実施をお願いします。

〇 来館前の各自の体調確認(検温等)
〇 マスクの着用(講師はフェイスガードを着用)
〇 手洗いなどの手指衛生、うがいをする
〇 体表面温度ご来場時の検温
(37.5℃以上の発熱・咳などの症状がある方は入場をお断りする場合がございます)
〇同居家族及び職場等でコロナウィルスへの感染者または濃厚接触者がいる場合は参加を遠慮いただきます

2.感染防止対策の取り組み

〇 入口にて検温をする
〇 受付にアルコール消毒液の設置
〇 施設内の換気

【利用人数の制限】

人の密集を回避するため、利用人数に上限を設けます 。

・ワークショップ:10名まで

本ガイドラインについては、今後の感染状況を踏まえて見直すことがあることをご留意ください。

申込方法


申込方法
SCTW.S 申込方法

各コースともにメールでのお申込みとなります。

(ご用意いただくもの)
・写真つきプロフィールのデータ(2020年最新データのもの・写真はバストアップ) ・(CourseB希望者のみ)W.Sを受けようと思ったきっかけをメール本文にお書きください。 ・(CourseC希望者のみ)ご自身で撮影または製作した1分以内の動画データ
上記を添付し、メール本文にお名前とご連絡先をお書き添えいただき、下記へお送りください。

s.minami@shibu-cine.com ご不明な点、上記のアドレスに送ったが返事がない...など、お困りなことがありましたら下記の問合せフォームより
お問合せください。

(mosaique-Tokyo問い合わせフォーム)
http://www.mosaique-tokyo.com/contact.html

mosaique-Tokyo
 http://www.mosaique-tokyo.com/

お問合せ


  • Tokyo, Japan
  • 渋谷区神山町